自作奮闘日記

自作PCやガジェットの紹介をしています

SSDの交換

ストレージの容量が不足がちなのでSSDの初交換に挑戦しました。

少しだけ先輩の力を借りましたが、基本的にはSSDの購入から交換まで全て自分で行いました。

 

各所のレビューを参考にして、最終的にADATA XPG SX8200 Proの512GBと1TBを購入しました。

f:id:Sirius_PC:20200204132516j:plain

★スペック★

                         ADATA XPG SX8200 Pro
容量        512GB          1TB
フォームファクタ                    M.2 2280
NANDフラッシュ                      3D TLC
インターフェイス                PCIe Gen3×4
シーケンシャルリード                    3500MB/s
シーケンシャルライト 2300MB/s 3000MB/s
ランダムリード                   390K IOPS
ランダムライト                   380K IOPS
TBW 320TB 640TB

 

 

交換作業の前に勉強がてら色々とチェックしてみます。

f:id:Sirius_PC:20200204140715j:plain

内容物はSSD本体とヒートシンクのみで、取付用のネジや説明書は入ってませんでした。

 

M.2って小さいんですね…

f:id:Sirius_PC:20200204140935j:plain

こんな小さい基板上にコントローラー、NANDフラッシュ、DRAMキャッシュが搭載されています。

ちなみに僕が購入した個体ではコントローラーがSilicon Motion、NANDはADATA刻印、DRAMSamsungでした。

 

裏面にも部品が乗ってました。

f:id:Sirius_PC:20200204143534j:plain

両面実装と呼ばれる構造らしいですね。

 

こちらはヒートシンク

f:id:Sirius_PC:20200204144007j:plain

薄い割に冷却効果があるとの事で使ってみようと思ったのですが、きれいに剥がすのが困難らしいので今回は使用を断念しました。

 

SSDの交換とOSインストールについては割愛しますが、特にトラブルもなく無事に終える事が出来ました。

最後にCrystalDiskMarkをチェックしてみました。

f:id:Sirius_PC:20200204150004j:plain

f:id:Sirius_PC:20200204150023j:plain

ほぼ公表通りの結果で安心しました。

 

ランキングに参加しています

1クリックお願いします