自作奮闘日記

自作PCやガジェットの紹介をしています

Corsair K95 RGB PLATINUM XTが発表

Corsairから最上位のK95 RGB PLATINUM XTが発表されましたね。

 

僕も自宅では旧モデルのK95 RGB PLATINUMを愛用しています。

f:id:Sirius_PC:20200216150851j:plainと言う事で、今回は新旧モデルの比較とK95 RGB PLATINUMの簡単なレビューをします。

 

★スペック

製品名 K95 RGB PLATINUM XT K95 RGB PLATINUM
キー配列 US JP/US
キースイッチ

Cherry MX Blue RGB

Cherry MX Brown RGB

Cherry MX Speed RGB

Cherry MX Brown RGB
Cherry MX Speed RGB
インターフェイス USB3.0 USB2.0
アンチゴースト                                                  全キー
キーロールオーバー                                                  全キー
ポートレート 1000MHz 最大1000MHz
オンボードメモリ 8MB/最大5プロファイル 8MB/最大3プロファイル
マルチメディアキー              VOLアップ/VOLダウン/ミュート/再生/停止/進む/戻る
LEDバックライト                                             約1680万色
マクロ                                            6つの専用キー
パススルーUSBポート                                             1×USB2.0
本体サイズ L465mm x W171mm x H36mm L486.5mm x W240mm x H78.5mm
本体重量 約1.31kg 約1.32kg

細かな違いはありますが、ほぼ同等のスペックですね。

 

★外観

次は外観の比較です。

f:id:Sirius_PC:20200216154141j:plainf:id:Sirius_PC:20200216154107j:plain

新旧の画像を並べてみましたが全く同じです。

 

筐体はヘアライン加工されたアルミニウムで高級感があります。

f:id:Sirius_PC:20200216162032j:plain

もちろん剛性も高く、激しいタイピングで筐体が歪む事もありません。

 

軸はアクチュエーションポイント1.2mmのCherry MX Speed RGBがフローティング方式で設置されています。

f:id:Sirius_PC:20200216182814j:plain

軸の耐久力はK95 RGB PLATINUMで5000万回ですが、XTは倍の1億回まで向上しています。

 

マルチメディアキー周り

f:id:Sirius_PC:20200216163034j:plain

全体的に使い勝手は良いですが、特にボリュームコントロールの操作性は優秀です。

 

6個のマクロGキーです。

f:id:Sirius_PC:20200216163531j:plain

Corsair iCUE上で作成したマクロを登録するキーです。

とても便利なキーですが、慣れない内は頻繁に誤爆します…

 

★付属品

f:id:Sirius_PC:20200216165058j:plain
XTは交換用のマクロキーとCorsairキーが増えてますね。

Corsairキーは恐らくESCキーの交換用でしょうか。

 

パームレストは若干の仕様変更があります。

f:id:Sirius_PC:20200216165325j:plain
旧モデルはラバーの部分が脱着可能になってますが、XTは固定されているみたいです。

 

とりあえずは日本語配列の発売待ちですね…

 

ランキングに参加しています

1クリックお願いします